全国のタトゥースタジオ・彫師検索!現在、TATTOOスタジオ444店舗を掲載中。刺青/タトゥーに関するコラムもあり!

タトゥーナビ

タトゥーコラム

タトゥースポット

デビットベッカムの刺青(タトゥー)をご紹介

デビットベッカムの刺青(タトゥー)
サッカー界を代表するプリンス、デビットベッカムが刺青(タトゥー)愛好家なのはファンならずとも有名な話です。

今回は、そんなデビットベッカムのタトゥーを調査してみましたのでご紹介したいと思います

まず、ベッカムの刺青(タトゥー)の特徴としては、両腕をメインに、背中から首へと広範囲に入っていることが伺えます。

そして、天使やキリスト、バラなどをはじめ、全身でトータル17カ所以上のタトゥーが入っている様です。

まずは、腕のタトゥーからご紹介したいと思います。

ベッカムの上半身の刺青(タトゥー)

右腕のタトゥーはラテン語で、"Perfectio In Spiritu"(精神の完璧さ)
左腕のタトゥーも同じくラテン語で、"Ut Amem Et Foveam"(故に私は愛しみ、信奉する)

という意味のタトゥーが入っています。

次に、小さいですが背中のタトゥーを御覧ください。

ベッカムの背中の刺青(タトゥー)

背中にはお子さんの名前を彫っている様です。

次に、首もとのタトゥーのアップ画像がありましたので、こちらもご紹介します。

ベッカムの背中の刺青(タトゥー)

 

首もとは次男の名前が入っている様です。

続いてご紹介するのは、正面からの画像です。

 

ベッカムの両腕の刺青(タトゥー)

10分で腕の先までびっちり彫っていますね。

そんな、ベッカムは、日本で試合があった際にいつも長袖を着てプレーをしていました。
真相は定かではないですが、日本の文化にあわせ、当時の影響力を踏まえ長袖でプレーをしていた様です。

タトゥーナビでは、タトゥーには肯定的な見解をしているのですが、
TPOを踏まえたベッカムの判断には敬意を表します。

このエントリへのコメント[Facebook]

  • Share on Google Bookmark !