全国のタトゥースタジオ・彫師検索!現在、TATTOOスタジオ444店舗を掲載中。刺青/タトゥーに関するコラムもあり!

タトゥーナビ

タトゥーコラム

タトゥーリクルート

NBAでのタトゥー増加

ロッドマン以降、NBAで非常に目立ってきたものがあります。

そう、タトゥーです。

コービー・ブライアントの王冠タトゥー、ジェイソン・ウィリアムズの「White Boy」、ラシード・ウォレスのエジプト風タトゥー、レブロン・ジェイムズの背中の「CHOSEN 1」等々。1998年の調査ではアメリカ人の人口の4%がタトゥーを入れているという結果が出ましたが、NBAではその当時35%の選手がタトゥーを入れてたそうです。

今現在はどうでしょうか? 私見ですがタトゥーを入れている選手の方が多いような気がします。
いつぞやのニュージャージー・ネッツ対サンアントニオ・スパーズによるNBAファイナルが「タトゥー軍団 vs. 非タトゥー軍団」と評されたらしいが、その時点で、タトゥーのないマリク・ローズが「かつて、人々はタトゥーを入れたアスリートに“なんでそんなことしたの?”と聞いたものだった。

でも最近では、“なんでタトゥーを入れないの?”と聞かれる」と語っていたはずだ。タトゥー・ブームを先導したロッドマン自身も、「最近では、つまらん白人たちもみんなタトゥーしてる」と嘆いたくらいです。
 

  • Posted at 2011年02月18日 16時36分
  • コラム

このエントリへのコメント[Facebook]

  • Share on Google Bookmark !