全国のタトゥースタジオ・彫師検索!現在、TATTOOスタジオ444店舗を掲載中。刺青/タトゥーに関するコラムもあり!

タトゥーナビ

タトゥーコラム

タトゥースポット

F1レーサー ジェンソン・バドンの一番



ジェンソン・バトンはF1のトップを走るドライバーについて知らないといけないことを二つタトゥーとして入れている。

一つは右の前腕、もうひとつが足首にあります。

足首にある方が重要で、そこに彼は自分自身へのメッセージをタトゥーとして彫っていたそうです。

彼はワールドタイトルを獲得するかなり前にそのタトゥを追加したのが、自分自身へのメッセージなので誰にもタトゥーを入れたことを語らなかったです。

そのタトゥーは「一番」つまりナンバー1の意味なのです。

2010年4月19日雨で混乱した中国GPで優勝した彼がナンバー1であることを疑問に思った人はほとんどいないでしょう。

彼は最も偉大な才能が集まったグランプリで4戦中2勝目をあげたのだった。

やはり彼にも挫折はあったそうです。

わずか20歳でF1デビューを果たして2年も経たないうちに、彼はルノーを解雇されチーム代表のフラヴィオ・ブリアトーレから無責任なプレイボーイとして公然と嘲笑されたそうです。

そこから不屈の精神で今の地位を築いたのです。

タトゥーは折れそうな心を叱咤するための戒めだったのかもしれません。

  • Posted at 2011年02月18日 16時31分
  • コラム

このエントリへのコメント[Facebook]

  • Share on Google Bookmark !